三菱の浄水器、クリンスイを設置

家を建てた際にビルトイン浄水器を導入しました。横に設置しているグローエの水栓に似ているデザインで、とてもスタイリッシュで気に入っています。水の出も悪くなく、使い勝手もなかなか良いです。飲むだけでは普通の水道水と味の違いがわかりませんが、有害物質を取ってくれているんだろうという安心感があります。

ただ、少し不満なのが、カートリッジの交換です。年に1回交換することになっていて、ちょうど今年もその時期がやってきました。ネットショッピングの最安値のものを探しても約8,000円かかります。

そこで、本当に浄水器が必要なのか、毎年8,000円かける価値があるのか調べてみました。

結論から言うと、戸建物件よりもマンションなどの集合住宅、特に古い物件にはつけたほうが良いかもしれない、ということがわかりました。というのは、集合住宅は一旦貯蔵タンクを通して各家庭に分配するため、そのタンク内の保存状態が悪いと(例えばサビ等)、水も同じ状態になります。それゆえ、浄水器でろ過することが有益かもしれないと思いました。

日本の水道水は世界でも屈指のクオリティと言われており、浄水器がなくても体を壊すことはまずありません。浄水器を通して、どういう物質がどの程度取り除かれるのか、メーカーは公表しているものの、個人ではなかなか調べられません。

筆者も高いカートリッジを毎年交換し続けるのかはわかりませんが、今年は安心料ということでとりあえず購入することにしました。来年までにもう少し調べて再考したいと思います。