おいしく飲めて、コストパフォーマンスのよい水とは

近年ミネラルウォーターや家庭用浄水器、ウォーターサーバーなどの普及で、家庭で水道水を飲む方は減少傾向にあるようです。

その理由は、塩素が気になる、おいしくない、子供に飲ませるのが心配、などと様々ですが、毎日飲用だけでなく、料理などに使用する水は、コストパフォーマンスについては多くの方が気にするところではないでしょうか。

コストパフォーマンスと水のおいしさ、手間などをトータルで考えると、家庭用浄水器に軍配が上がります。

スーパーや通販で手に入るミネラルウォーターは、手軽ですが、大量に出るペットボトルを捨てる手間に悩まされたり、価格的に割高なのがネックといえます。

ウォーターサーバーも、水は宅配してもらうことができますし、お湯を沸かす手間もなくなるため、大変便利で好評ですが、やはり水そのものの価格に加え、サーバーの維持費や、電気代がかかるため、利便性をお金を出して買っているといった印象は否めないでしょう。

一方家庭用浄水器は、一度カートリッジを入れてしまえば、使用量にもよりますが、通常一か月近くは使用することができます。特に、ブリタをはじめとするピッチャー型のタイプは、冷蔵庫にも入りますし、カートリッジも格安で手に入るため、おいしい水をお得に使用するには最適の浄水器と言えるでしょう。