月別アーカイブ: 2015年4月

三菱の浄水器、クリンスイを設置

家を建てた際にビルトイン浄水器を導入しました。横に設置しているグローエの水栓に似ているデザインで、とてもスタイリッシュで気に入っています。水の出も悪くなく、使い勝手もなかなか良いです。飲むだけでは普通の水道水と味の違いがわかりませんが、有害物質を取ってくれているんだろうという安心感があります。

ただ、少し不満なのが、カートリッジの交換です。年に1回交換することになっていて、ちょうど今年もその時期がやってきました。ネットショッピングの最安値のものを探しても約8,000円かかります。

そこで、本当に浄水器が必要なのか、毎年8,000円かける価値があるのか調べてみました。

結論から言うと、戸建物件よりもマンションなどの集合住宅、特に古い物件にはつけたほうが良いかもしれない、ということがわかりました。というのは、集合住宅は一旦貯蔵タンクを通して各家庭に分配するため、そのタンク内の保存状態が悪いと(例えばサビ等)、水も同じ状態になります。それゆえ、浄水器でろ過することが有益かもしれないと思いました。

日本の水道水は世界でも屈指のクオリティと言われており、浄水器がなくても体を壊すことはまずありません。浄水器を通して、どういう物質がどの程度取り除かれるのか、メーカーは公表しているものの、個人ではなかなか調べられません。

筆者も高いカートリッジを毎年交換し続けるのかはわかりませんが、今年は安心料ということでとりあえず購入することにしました。来年までにもう少し調べて再考したいと思います。

パナソニックの浄水器、TKCJ11を愛用

パナソニックの簡易式浄水器を愛用しています。蛇口にダイレクトに接続するタイプです。

パナソニックは、機種は違えども、おなじようなタイプをここ10年くらいは使っています。

シンプルで飽きの来ないタイプだと思います。プライスは6000円くらいでした。設置の取り付けの時にネジがうまくはまらず苦戦しましたが、取り付け後はいい感じ、お水も美味しいので満足しています。

ボディカラーはホワイト、レバーを調節することで、シャワー、浄水器、普通水と調節ができます。難点はカートリッジを一年に一度は交換しなければならないことですが、それをのぞくとコンパクトで使い勝手も良いと思います。

説明書を読みましたが、カートリッジ1個で、2リットルのペットボトルが1600本分も作れる計算になるそうです。ペットボトル1600本分って、結構な数ですよね。コンビニやスーパーに水を購入に行くことを考えると、そのための交通費や時間は本当にもったいないと思います。

それを考えると、カートリッジ代を考えても、かなり経済的、財布に優しいかもと思ったりもします。

肝心の水の味も、いたって普通ですが、シンプルに美味しい。ご飯を炊くときや、子どものカルピスを割る時、お風呂上りに水を飲みたい時。ゴクゴク美味しくいただいています。

ブリタの浄水器に大満足

ブリタのポット型の浄水器を使い始めて、10年以上になります。結婚してからしばらくは、蛇口に取り付けるタイプで、別の製品を使っていたのですが、蛇口の取り付け口の所から水が漏れたりして、あまり満足しなかったのです。その後、子供も生まれ、やはりミルクや離乳食に使う水には、より良い水を求めるようになり、信頼できるブリタにしたのです。

ポット型にした理由は、冷蔵庫に入れることが出来ることが一番大きいです。子供たちも水を飲む際、冷たい美味しい水を飲むことが出来ます。冷蔵庫にも、場所をとることなく、入れられるのも魅力です。

カートリッジは、大体2,3ヶ月で交換しています。ポットにメモリが付いているので、それを目安にして交換しています。交換する時には、カートリッジを沈めて20分待ったり、1,2回分は濾過して、その水を捨てることが少し面倒ですが、時間があるときにするようにしています。また、1,2回分の水は、植物の水遣りに使っているので、全く無駄にはなっていません。

飲み水はもちろん、コーヒーやお茶に使っていますが、普通の水道水とは違います。我が家では、犬の飲み水も、このブリタの水にしています。人間と同様に美味しい水を飲んで欲しいと思っています。

タカギの蛇口一体型の浄水器

私はタカギの蛇口一体型浄水器を利用しています。購入したきっかけは子どもが生まれたことでした。

1歳程度までは湯冷ましやミルク中心だったので良かったのですが、大きくなってそのままの水を飲ませることに抵抗を感じ、ミネラルウォーターの宅配やウォーターサーバーも考えましたが、最終的に浄水器を選択しました。

使った感じは非常に良いです。蛇口の交換こそ初期費用が必要ですが、それ以降はサーバーのように電気代がかかってしまうこともありませんし、重いボトルを運ぶ必要もありません。

その月ごとに水の使用量が変わっって多く飲んでも、費用はカートリッジ代のみなので料金が上がってしまうこともなく経済的。飲み水はもちろんのこと食器洗いや料理の際の野菜洗いまで、安心して存分に量を使えるので非常に便利です。

子どもも蛇口から直接コップに注いだ水を美味しそうに飲んでいるので、選んでよかったなと思っています。また、蛇口一体型なので見た目にもスッキリしていてデザインがよく、おそらく後付けタイプに比べると掃除もしやすいのではないでしょうか。カートリッジは定期交換を申し込んでいるので、3カ月に1回宅配で届きます。そのため交換し忘れることも無く安全で美味しい水が飲めています。

リフォームに合わせて購入したINAX蛇口一体型浄水器です

キッチンをリフォームした時に、システムキッチンに組み込まれていた蛇口一体型の浄水器を取り入れました。浄水器の種類はかなりいろいろあって、浄水能力の違い、価格の違いなどのほか、浄水器本体がどんな形状なのかということが、選ぶうえでとても重要なポイントでした。知人の家の浄水器は、外付けのものでかなり大きな浄水器本体が蛇口付近に設置されていて、浄水能力はありそうだけれど何とも邪魔でうっとうしい感じがしたためです。

そこで我が家の浄水器は、コンパクトで邪魔にならない蛇口一体型のものにすることにしました。シャワーノズルの手前の部分が少しだけ太くなっていて、その中に浄水カートリッジが組み込めるようになっているものです。浄水カートリッジは3000円程度で、大体3か月で交換するようにしています。カートリッジの交換も簡単で、いつ交換したらよいかというのは、浄水器の先の部分を外すと毎回数値を設定できるようになっているので、期間が過ぎていつ交換すればよいのかわからなくなるという心配はありません。カートリッジもまとめて購入しているので、少し安く手に入る点はいいのですが、最近浄水の出る蛇口部分が脇から水漏れしているようで、近々メーカーに問い合わせてみる予定です。

水道の塩素臭を東レのトレビーノで解消!

ある時水道水の匂いがとても強く感じられました。それは消毒の為に使っている塩素の匂いかも知れないと聞いて怖くなりました。今迄は浄水器には関心がなかったのですが、お店に行って売り場を見てみました。

色んな種類の浄水器が売られていて値段も様々でした。箱に書かれている説明を読むと水道水に含まれている有害物質や発がん物質が色々とあるのでびっくりしましたが、手ごろな値段の物を買ってきました。

取り付けてみると浄水器を通して出てくる水道水からは匂いがなく、いかにも濾過されているという感じで安心感がありました。

それからはお米を研いだり味噌汁を作ったりと口に入れる物に使う時には必ず浄水器を通した水を使っています。ただ食器等を洗う時にはハンドルで切り替えて普通の水にして使っています。今使っている機種は農薬やトリハロメタン等7種類もの有害物質を取り除いてくれるという表示があるのでとても安心して使っています。

ただカートリッジの交換目安が600?なので2か月位使っていると、水量が細くなってしまうので新しいのと取り替えなければなりません。それで買う時に売り場で迷わないようにカートリッジは2個入りを買って取り替えた日を記入した箱を置いてあります。

一度浄水器を使い始めてしまうと塩素の匂いのする有害物質を含んだ水は体内には入れたくないので、値段的なことを考えると決して安い買い物ではありませんが、生活必需品の一つだと思っています。